「FIDO Eazy」身代金要求型サーバー攻撃にあわない為に

大手ゲームメーカーが、ランサムウェア(身代金ウイルス)の被害にあい、1100万ドル(約11億5千万円)分のビットコインを要求されたというニュースには驚きました。
身代金要求型サーバー攻撃のニュースを、先日、TVのニュースで見たばかりでした。

犯罪グループは、あえて、その大手ゲームメーカーを狙ったのか? それとも何かしら侵入できる口があったのか?

ウィンマジックは Web / SaaS認証用に「FIDO Eazy」を開発しました。
「FIDO Eazy」は、FIDO認証を受けた最初のソフトウェアトークンのひとつです。
昨今、注目されている認証方式の「FIDO」は、テレワークを行う際のセキュリティ対策として、認証情報の漏えいや悪用されないために有効な手段です。
ご関心のある方は、是非、ウィンマジックにご連絡を。

おすすめ

人気の投稿